日記

2011年07月21日

TV東京の放送からすこし時間が経ってしまいましたが、感想をば…。

最初の『あっかりーん』の所、
予想通りと言いますか、なんと言いますか、
あかりちゃんの扱いがどんどん酷くなっていってワロタw

第3話ではUFOに持っていかれた訳ですが、次はどうなるんでしょうか?w

作画に関しては、3話目まで観た限り安定してますし、
この調子なら心配はノンノンノートルダムっぽいので、
なんか気になったり、大きく乱れた時ぐらいにしようかと思います。

声優さんに関しても、
京子を演じてる大坪さんも、漸く京子のテンションの高さに慣れてきた様子。
だいぶ京子らしくなってきました。
あとは演技力の問題だと思うので、しっかり丁寧に演じきって欲しいです。

あと、これ以上の声優さんの演技に関する感想は野暮だと思うので、
ちょっと気になったりした部分以外は今回で最後にしようと思います。


今回の話は結衣の家に遊びに行く話がメインなので、ごらく部4人だけです。
ですが、やっぱりこの話は面白いですね〜。
話の流れは、
忘れ物の話で盛り上がる話、
結衣の家に行く話、
の二本とちょっとこれだけでは少なく感じますが、
原作では、お宅訪問の話は複数あって、
それらを上手く一つの話に纏められていたと思います。

で、実際は三話+おまけ分で構成されているのですが、
結衣が1人の部屋で居心地悪そうにキョロキョロしていたり、
ちなつちゃんに訳あって結衣の服を貸したりする場面などが追加されていて、
台詞なんかは、基本、原作準拠ながら、
一つの話に纏める為に追加された部分とか、変更された部分も全く違和感無く、
とても楽しめました。

ただ、いくつか気になった点もあって、
インターホンの目は、二回はやりすぎだと思った。
味噌を買いにいった時だけで良かった。
あと、ラムレーズンを貰って平伏す場面、
あれは原作厨の自分としては、
『ゆいさま〜』と低い声ではなく、
『結衣様!!』と妙に高いテンションなイメージがあったし、
京子がパジャマに着替えてそれに結衣が気付くのも、ちょっと早すぎた。
もうちょっとさり気なく寛いだ後の方が、良かったかな?

その点だけが気になりはしたものの、全体としては、
あのゆっくりまったりとした空気・雰囲気がしっかりと再現されていて、
ちなつちゃんも段々と本性が漏れてきたりで、
とても満足のいく内容・出来だったのではないでしょうか?

次回は、予告を見た限りだと、
期末テストの話、
みんなで海水浴に行く話、
花火をする話、
で構成されているっぽいので、これまた期待。
これで、七夕の話が頭にでもあれば完璧だと思いますw



で、余談ですが、前回の日記で某動画サイトに投稿されている、ゆるゆりを公式に視聴できるものを張ったのですが、
あれって、1話目は取り合えずずっと無料だったんですね。
2話目から、公開されてから一週間だけ無料で見られるみたいです。
訂正いたします。(前回の日記も修正済みです。)

(20:56)
Comments(0) | TrackBack(0) | |

2011年07月12日

今回は、最初からある程度中身に言及した内容となります。

初っ端から、
『あっかり〜ん』『は〜い!』
の流れで、あかりがピンボケしてたのに噴いたw

どうやら、毎回これをやるらしい。
この先、どこまであかりの存在感が無くなるのか楽しみだwww


作画に関しては、
生徒会回だけあって、生徒会勢は全体的に結構丁寧に描かれていて良かったです。
綾乃も、千歳も、向日葵も、櫻子も、みんな良い感じでした。
ですがその分、ごらく部勢が若干おざなり(手抜き)みたいな部分があって、
そこは残念でしたね〜。
折角キャラが可愛い作品なので、もうちょっと全体的に気を付けて欲しい所。
このまま、低予算を理由にキャベツ街道まっしぐらだけは本気で簡便して貰いたい。

声優さんも、
生徒会勢は有名所や勢いのある若手を起用してるだけあって、
とても安心して観られました。

京子の声優さんも、
1話では下手杉とまで言いましたが、2話では一部ではまだまだなものの、
そこまでは気にならず。
この調子なら、4〜5話辺りでは完全に違和感や不慣れ感は消えてそうです。


話の全体の流れは、
綾乃が京子にテストの勝負を挑む話、
生徒会の仕事をごらく部全員で手伝う話、
向日葵が櫻子の体操服を借りる話、
綾乃が風邪を引いてみんなでお見舞いに行く話、
と、生徒会尽くしな構成。

生徒会の集合写真が出てくる場面があったのですが、会長の顔が光で見えなかった部分でニヤリ。
向日葵と櫻子のツンデレ同士のカップルはいいものだ。
綾乃の部屋で妄想全開な千歳も、本領発揮って感じでした。
何より、最後のあかりのオチが見事すぎたwww


ただ、全体的に若干詰め込みすぎと言うか、
翌日〜系で話を繋げるのに無理みたいなものを感じたのを除けば、
基本的には話の順番は違えど一つ一つの話は原作準拠なので、
原作儲も新規も十分楽しめるものになってたと思います。

今回はとても楽しめたし満足なので、総合点90点は付けてもいいかな。

次回は、予告を見た限りでは結衣が一人暮らしを始めましたがメインっぽいので、生徒会の出番は少なそうですが、
京子のマイペース・フリーダムさ加減がどこまで表現されているのか、楽しみです。
ま、それも全て、声優さんの演技力に掛かってるんですけどね…w


さて、これで主要キャラ8人が揃った訳ですが、
ゆるゆり原作は一巻より二巻、二巻よりも三巻と面白くなっていく作品なので、
今後この娘達がどこまでTVで大暴れしてくれるのか、とても期待しています。



尚、第1話を見逃した方用に、1話目だけですが無料で視聴出来るものを張って置きます。




ゆるゆり 2 (IDコミックス 百合姫コミックス)
ゆるゆり 2 (IDコミックス 百合姫コミックス)
クチコミを見る


(21:51)
Comments(0) | TrackBack(0) | |

2011年07月05日

観ました。リアルタイムで。

ネタバレ関係無しに総評から言うと、


 おおむね悪くはなかった………と思う。。。  60点


OPは思ってたより全然良かった。
本編も全体的に動いてたし、作画も比較的まともだった。
次回予告も見た限り、作画崩れは無さそう。

まぁ、なもりさんの絵自体がそこまで再現し辛いもので無かったのが幸いか。

話の内容的には、
原作の内容からして、初見さんお断りな内容になるだろうとはある程度予想はしていたものの、
やはりと言うか何と言うか、初見さん置いてけぼり…

[熱狂的な原作ファン]と言ったら変かも知れないが、
(『ゆるゆり』が好きな時点で熱狂的も無いと思うがw)
そう言った層ならそれなりに楽しめたと思います。なので60点。

その代わり、全く知らない人がアニメ化を機に観たとすれば、恐らく10〜20点止まりだと思われる。

アニメを見て、この程度かと思われるのは『ゆるゆり』信者としては心外なので、
『ゆるゆり』を評価するのは原作を読んでからして頂きたいと思います。

    アニメと原作は別物!

『ゆるゆり』の笑いのツボを例えるなら、
上手い例えではない&他のファンの方に怒られるかも知れませんが、
『ガキ使の笑ってはいけない』をゆる〜くゆる〜くした感じ?
突然ジミーちゃんが現れたり、ショウヘイヘーイ!で噴出したり、
藤原さんの言動で笑えるならツボにハマる可能性あり。

非日常的な不条理ドタバタのゴリ押し乱れ撃ちでもなければ、
只々登場人物が圧倒的なまでに脳みそゆるゆる状態でもなく、
ほんのり、ほんとにちょびっとの黒さを含んだ、
それでいて百合っぽい、ゆるいギャグ漫画になってます。
百合成分は比較的少なめ!百合雑誌の漫画なのに!!だがそれがいい!!!
こんなノリ。

    笑われればいいと思うよ。




--------------------------------------------------------
※ここからネタバレ(愚痴含む)
--------------------------------------------------------


先ずね、メイン4人の声優さんの演技が下手。

最初にあかりを迎えに来た所から違和感。
声がイメージと違うのか、演技が下手なのかと考えた結果、
イメージの違和感<下手さの違和感 であることに結論付く。

特に、主役…じゃ無かった、ムードメーカーである、「京子」の声優さんが下手すぎ。
これだけで、『ゆるゆり』の魅力の半分以上は損している。

それでも、「あかり」や「ちなつ」に関してはそこまで違和感は無かった。
結衣は微妙に違和感があった。

主要なキャラになればなるほど微妙になるってどういうことなの?
視聴者(信者)に、『下手な声優を使うなんて、罰金バッキンガムよ!』とか言わせたかったのだろうか?
いや、このネタは次回か…w

「あかり」が自己紹介するシーンとか信者的には大爆笑だったのですが、
それも、原作を全部観ていてキャラと空気をしっかり把握してこそ。
それだけに、初見さんが見たらドン引きなんだろうな〜とか思ったり…w


Bパートの、【あかりの影が薄い】ネタの唐突さも酷かった。

だって、原作厨の視点から見ても、第1話はあかり出まくりだったんだもの。
思わずホロリとキテシマイマシタヨ。イヤ、ホント。

それだけに、この流れは無いと思いました。やっつけ仕事杉。

これ、アニメの作話が全然全く持って微塵もなってないだけで、
原作ではこんなに意味不明に唐突に「あかり」に気付く事なんて無いですから!
ちゃんと、読者も忘れた頃にこのネタを振ってくれますからwww


最後の最後、本当にちょこっとだけですが、綾乃と千歳が登場。
千歳に至っては、『おじゃまします〜』の一言だけwww
だが、そこはあいなm、愛生、その一言だけでイメージぴったしでした。
綾乃も、藤田咲さんだけあって違和感全く無し!!
安心アンコールワットでした。

二番目に好きなキャラなだけに、これには満足でした。一番は京子なのですが・・・。


そんなこんなで、第1話の評価は
作画   ○
作話   △
ごらく部 △
生徒会  ◎

総合評価 60点

となりました。
今後に関しては、『あるといいな、がきっと、ない』と思うので、
過度な期待はせずにゆるりと視聴していきたいと思います。

ゆるゆり 1 (IDコミックス 百合姫コミックス)
ゆるゆり 1 (IDコミックス 百合姫コミックス)
クチコミを見る


沼の底を覗く

(08:05)
Comments(0) | TrackBack(0) | |

2008年01月10日

ふと思い立って、こんなものを書いてみる気になったのですが、
全く、微塵も知識の無い大抵の人は、HTMLやら、CSSなどと言われても、


??〝HTML?なんのこっちゃ〟??

??〝CSS?なにそれ、たべもの〟??


みたいな感じで、まったく別次元のお話の様に感じてしまうかも知れません。

ですが、ちょっと考え方・捉え方を変えてみるだけで、そこまで遠い世界のお話ではなくなります。
決して大袈裟な話などではありません。
見方を変えるだけで、HTMLとCSSに限っては、構造を理解するだけでしたら、一日と掛かりません。
HTMLだけでしたら、1時間もあれば、構造を理解出来ます。
構造され理解出来れば、組めるようになるのに、1日もあれば十分でしょう。
CSSは、もう少し厄介な構造をしてるので、HTMLよりかは難易度が若干高いですが、
それでも、HTMLさえ理解出来ていれば、構造を理解するのに多く見ても3〜4時間、
自由に書けるようになるのに、2日程度と言ったところでしょうか?


そこで今回、『HTMLとか興味はあるけど、なんか難しそう…』などと思って、手を出すのを躊躇っている方に、
身近なものを例えることによって、『HTMLってこんなに簡単なものだったんだ!』
と少しでも感じ、手を出すきっかけにでもなれれば…、と思い、これを書くことにしました。

ただし、これからの内容を読む上で、幾つか注意点があります。

1つは、これは、「入門」では無いということ。
 なので、これを読んだだけで、直ぐにHTMLが組めるとは思わないで下さい。
 それ以前の、『こうすると理解し易くなる』といった程度の、心構えについて説明しています。
 ですが、その心構えが出来ているかいないかで、理解出来る速さに格段の差が出ると思っています。

2つは、ほぼ全ての説明が、例え話であること。
 門をくぐることすら躊躇う理由の一つに、難しい専門用語があります。
 その為に、ここでは、専門的な単語を一切扱いません。
 あくまで、考え方・捉え方として、漠然とした、『大体そんなもの』程度にしか説明していませんし、
 正しい意味を完全に無視したり、湾曲させたりして説明してありますので、
 実際にHTML等と組む時は、ちゃんとした入門サイトとかで基礎を学ぶ必要があります。



前置きが長くなってしまいました。それでは本題へと移りましょう。


HTML
幾ら専門用語を使わないと言っても、それでも、最低限の『決められた形』というものが存在します。
いきなり見慣れない暗号みたいのが出てきても、驚かないで下さいね。
「そういう形をした絵がある」
程度に見て、直ぐに次の文章に移動しちゃって下さいw
次に続く文章を読めば、イヤでも理解出来る筈ですから・・・。

先ず、先ほど出て来た、『最低限の決められた形』ってヤツですが、こんなのです。

<html>
 <head>
 </head>
 <body>
 </body>
</html>

これが、基本中の基本構造の、最低限の形なのですが、この時点で十分、意味が分かりませんよねw

そこで、こう捉えてみては如何でしょうか?

<敷地全体>
 <塀>
 </塀>
 <家>
 </家>
</敷地全体>

全体として土地そのものが有り、その中に、<塀>と<家>が存在する訳です。
何の事は無い、ごくごく自然で当たり前な話ですよね。
尚、それぞれの場所が<>と</>で区切られていますが、
これらは、<>が範囲の始まりを、</>が範囲の終わりを示す為の大事なものだと考えてください。
必須です。特に、/(スラッシュ)は終わりを示すものとして、絶対に必須です。
これが無いと、外から人が見たとき、どこからどこまでが<塀>で、どこからどこまでが<家>なのか全く分かりません。
気を付けて下さい。
これで貴方には、HTMLの基礎を学ぶ上での下地が出来ました。


とは言え、これでは何とも味気ない。
と言うことで、もう少しそれぞれの役目を見てみましょう。

先ず<塀>ですが、これの主な役割として、
表札
・セールスお断り!
と言った、外部に知らせたい情報を提示したりします。

次に、<家>ですが、読んで字の如く、『生活空間全て』となります。
色んな部屋があったり、家具があったりします。

ここでも一つ注意がありまして、塀には塀の、家には家としての専用の機能が定められており、
〝表札〟なんだから、家に掛けてもいいじゃないか。と、<家>に掛ける事は出来ません。
〝表札〟は、必ず<塀>に掛けなければなりません。
何故なら、外から来る人は、<塀>を見て判断するからです。
<塀>と言いますか、ここでは<門>と言い換えた方が良いですかね、
<門>をくぐると、そこはもう玄関なので、表札を見ることは出来ないのです。
逆に、<家>の中の物を、<塀>の上に置くことは出来ません。意味を成さないからです。
つまりは、そう言う事です。

そしてそして!
ここからが誰もが知りたいと思っている事でしょう。
なにをすれば良いのか?
なにが出来るのか??

答えは簡単。
土地の上に、塀や家の外枠は出来てるので、そこに、表札を掛けたり、家の中を自由に作ってください。

とは言っても、実際にご自身が住んでいる、住宅を思い浮かべる必要は無いです。

木のプラモデル。そう、木製の家のプラモデルを組み立てる様なものだと解釈して下さい。
ウソのような、非常に簡単な話なのです。
しかもこのプラモデル、定型ですが、
ドアとか、イスとかテーブルとか、箪笥とか、更には階段や壁、廊下に至るまで、
木で作れる家具や建具は全部揃っていて、
且つ、金槌や、釘、角材、大雑把に切れる鋸に、ペンキを塗るハケまで用意されています。
これらを組み合わせるだけで、ほったて小屋程度ですが、家が建ってしまうんです。
ドアの大きさや幅が気に入らなければ切ったり広げればいいし、
階段の段数が気に入らなければ、やっぱり、増やしたり減らしたりすればいいのです。
その様な、大まかな増減も自由に、何度でも行うことが出来ます。

そうして、自分の好きな様に間取りを決めて、家を建てる。
これが、HTMLのものすごく噛み砕いた概要です。


そこで早速、家を組み立ててみました。

その内、何度も簡単な家を建てていくと、もう少し自由に、様々な形に組みたいと思う様になりました。
内装も変えたいし、家具も変わった形や、色鮮やかにしたい。

ですが、実は、現状で用意されている道具・工具では大雑把過ぎて、
ドアやテーブルの大きさを変えることは出来ても、星型や三日月型といった特殊な形に変えることや、
階段の段数は変えられても、全体の形を変えて螺旋状にすることや、
壁のペンキ塗りでも、全体を変えることは出来ても、壁の四隅だけ違う色にすることや、
プラモの仕様により、どうしても詰めて埋めることの出来ない家具同士の隙間を埋めたい、
と言った、細かい部分まで弄ることは出来ないのです。

困りました。
そ こ で、必要になるのが、カスケーディング・スタイル・シート(CSS)です。


CSS
CSSとは、端的に言って、HTMLでは設定しきれない細かい設定を出来る様にする、設計図です。
その他に、ミリ単位で木を削ることの出来る道具や、板の真ん中に穴を開ける道具、
木を曲げたりすることの出来る道具に、色を塗る際の保護テープなども手に入ります。
より専門的な、それの為だけの道具や工具が、一杯手に入ります。
それにより、上では出来なかった、
・星型や三日月型のテーブルやドア
・螺旋階段
・四隅だけ色の違う壁
・家具同士の間に出来てしまう不要な隙間を埋める
これらが全て、実現可能となるのです。


そして、その設計図のお陰で、CSSをCSSたらしめている、建具の一括管理も出来るようになるのです。
具体的にどういうことかと言うと、
例えばドアですが、元の用意されていたドアの大きさを、縦1.8m横90cmとすると、
Aのドアを、縦を2mにして、横は80cmにしたい。
Bのドアを、縦を2mにして、横は80cmにしたい。
Cのドアを、縦を2mにして、横は80cmにしたい。
と言った場合、
HTMLだと、一つ一つを切ったり継ぎ足したりしなければいけなかったのに対し、
CSSだと、設計図に、AとBとCのドアの規格は"縦2m横80cm"と設定するだけで、
3つのドア全てがその形に矯正されるのです。

これは、これまでの多大な作業と労力を無くしてくれる、物凄く便利な機能です。

これを活用することにより、HTMLに付属していた工具では出来なかった、
種々様々な設計・配色を、簡単な力で、当に理想と言える家を組み立てることが出来る様になるのです。
これが、CSSのものすごく噛み砕いた概要です。

勿論、これらの特性により、いきなりCSSを理解しようとしても、無理です。
専門的な工具とか手にしても、使えるわけがありません。
少なくとも、プラモの家は難なく組み立てられ、備え付けの家具や工具の半分程度は理解している必要があります。



家の外観・内装を整えた事で、とても立派な家になりました。

しかし、それでもその内、何かが足りなくて満足できなくなりました。
そうです。明かり等の電化製品、台所やお風呂と言った水周りが全くありません。

これでは、寝るには良いが、住むとなると不便過ぎる。

さて、どうしたものか・・・。
そう、それを解消してくれるのが、JavaScriptです。


JavaScript
JavaScriptとは、家の設備に例えると、
簡単なものでは明かりとそのスイッチから、
高度なものに至っては、TV・冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ等といった、
家での生活をより楽しく便利にしてくれる為の、機械全般になります。

そんな訳で、ぶっちゃけ、ここから先は、文字通り違う次元の話になります。
意味は理解出来るが、使える様になるには、ハッキリ申しまして、想像出来ません。
その位に、違う世界の話になります。

どんなことかと言うと、端的に言って、

『これまで木細工を弄っていた人間に、いきなり、電線とか金具とか歯車を渡して、
これで何か好きな機械を作れ。』

ってのと同じ位の、意味の分からない世界に突入します。

初めから、完成された製品なんて、一つもありません。
あるのは、それぞれに機能や意味のある、電線や金具や歯車だけ・・・。

要するに、それらの部品一つ一つを理解しない限り、JavaScriptを使えるようにはならない。と
つまりはそういうことです。


ね?意味不明でしょ?w


スイッチ一つにしても、配線を一つ間違えるだけで、動かない訳ですよ。
これはね、もう、完全に専門の人の作業だろうと・・・。


一応ね、サンプルを扱っているサイトさんもあるにはあるんですがね、
それでも、
例えば、電子レンジなら、開始/停止ボタン一つのみ、出力もひとつのみ。
本当に、最低限の物を温める機能しか付いて無いんですよ。
それ以上は、個人の好みの問題なんです。
タイマー機能だったり、ワット出力を調節したりと言った機能が欲しかったら、
自分で追加するしか無いんです。

只、一つだけ幸いなのは、専用の工具や、必要な部品は全部揃っていること。
構造を理解さえ出来れば、自分だけのレンジも作れるってのが、魅力でしょうか?w

これが、現段階で言える、JavaScriptのものすご〜〜く噛み砕いた概要です。



如何だったでしょうか?
取り敢えず、現段階で私が持ち得る全ての知識を書き綴ってみました。
なるべく、分かり易い表現に気を付けたつもりです。
こんな内容ですが、一人でも、読んだ方のお役に立てたのなら幸いです。

最後になりますが、上で散々出て来た、家具やら建具ですが、これらは、
『リファレンス』
と呼ばれる(銘打っている?)サイトさんに行けば、全部保管されています。
それらを活用することで、全ての素材を把握し、使えるようになるでしょう。

難しい機能さえ求めなければ、HTMLとCSSは非常に簡単です。
何事も遊び心は大事です。
遊びがてら、HTMLを組んでみては如何でしょうか?

(01:34)
|

2008年01月01日

明けましておめでとうございます。


今年は、blog更新をもう少しだけ頑張ってみようなどと思いますので、
お暇があれば、お付き合い下さいませm(_ _)m


それでは、今年もどうぞ、宜しくお願い致します。


                        敬具

(00:00)
|

2007年12月31日

今年一年(5月からですが。)、色々とお世話になりましたm(_ _)m
最近は碌に更新出来ていませんでしたが、来年はもう少し色々とやってみようとか思っちゃってます。

・・・、来年の事を言うと、鬼が笑うとか言いますが……(汗。


それでは、来年も宜しくお願い致します。 良いお年を!!

(09:10)
|

2007年12月12日

やっべ、生で見ちったwww
つい今しがた、NHKを見てたら、初音ミク(DTM)がきちんと紹介されてたので驚いたwwwww

その番組は、総合テレビの朝4:30からやってる、「おはよう日本」と言うニュース系総合番組で、
その中の、『まちかど情報室』というコーナーで紹介されてたw

 【初音ミク】みくみくにしてあげる♪【してやんよ】

 ラクガキ王国2をみっくみくにしてみた

も、少しだけど流れたw


 さすがNHK! 民放と逆の事を平然とやってのけるッ そこにシビれる! あこがれるゥ!


早速、ニコ動に見に行ったら、案の定話題に上ってたw


そこの書き込みによると、なんか、昨日もNHKでなにかあったみたいで、知らなくて(´・ω・` )ションボリ

そこで調べてみたら、昨日も同じ番組・同じコーナーでミクが紹介されていて、
今日の放送は、昨日の放送と内容はほとんど一緒っぽい。

ニコにあるかな?と探してみたら、案の定(w)消されたらしく、
代理でつべにうpした人は、鶏頭ニコの削除行為を回避する為、つべに上げたとの事。

 ↓こんな感じで誘導されてます。
 NHKの「おはよう日本」で初音ミクが紹介される
 ※これは、そのニュース映像そのものではありません。つべへの誘導動画です。


・・・・・・、
ニコニコ使えねーな。。。。。。。


 ニコニコ動画の映像を使ってる番組、それも、NHKのまで消すとか、
 どんだけ消すのが大好きなのかとwwwwwwwwww


 それも、民放がこちらを馬鹿にし、こちらが民放を馬鹿にした内容の動画なら、
 火消しと言う名の煽り目的で動画を削除するならともかく、
 どちらかと言うと、ニコも含めて、これらの世界を少なからずとも認めた内容の放送映像すら削除って・・・。

 正直、ニコニコ運営の削除基準と、色んな意味で神経と精神を疑わざるを得ない。

 そんだけの速さで、さっさと回線も増強して、さっさと低画質も削除して下さいね^^^^^^^^^^


っと、話が逸れましたね・・・。
 
つべは嫌いだし、見ていてもコメントが無くて寂しくてしょんぼりだったりしますが、
無条件脊髄反射でニュース番組を徹底的に消しに消しまくる鶏頭ニコ動が全部悪いので、
ここまで書いておいて、リンクの一つも張らないなんて選択肢は始めから無いので、
ようつべに上がってる、その場面の動画へのリンクを置いておきます。

 【みっくみくに】え ぬえちけー初音ミク特集【してやんよ】





NHK 超GJ!!!

(05:04)
|

2007年11月02日

ついさっき、漸く私の元にも、離陸許可が降りました。

amazonで注文して、今日やっと届いたエースコンバット6

「エースコンバット6」に興味がある方は、こちらの映像をどうぞ。
どれだけ凄い面白そうなゲームか、分かって頂けると思いますw
エースコンバット6 解放への戦火 CM 30秒ver
Xbox360 エースコンバット6 高画質日本版2ndトレイラー

エースコンバット6 解放への戦火(公式サイト)




虹蓮華、これより戦線に参加する!


「グレースメリアの空で会おう」



『天使とダンスだ!』

(16:20)
|

2007年10月18日

ものすんご〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜く、今更なお話で恥ずかしいのですが、
今現在、「ひぐらしのく頃に 解」 の原作に夢中になっております。

流石に、TVアニメですら解をやっちゃっているんだから、いい加減に進めようと思って、つい先日から始めたのですが、
正直、面白すぎて、寝る事すら忘れてしまう日々が続いています。。。;


TVアニメが終わるより先に、全部終わらせる勢いで読み進めてます。



当然、ニコニコを見る時間もありません。




そんな、ダメダメな日々・・・・・・。
(と、近況報告でした)

(23:54)
|

2007年09月02日

今回は、これまでの日記と打って変わって、全く別の内容でお送りします。

タイトルで燹瓩箸覆辰進。
これは、
『アリアスストーリー』
『フローレンシア』
という、ネットワークゲーム、それも、MMORPGと呼ばれる分類のゲームの話です。

興味があれば、調べることを止める事は致しません。

興味が無ければ、そのまま華麗にスルーして下さいませ。


と、何故この様な書き方をしたかと言うと、

本来なら、楽しそうにプレイしてる様子を、
SS(スクリーンショット)を織り交ぜながらお送りするはずでしたが、

正直な話、ぶっちゃけ、

期待ハズレ

だったからです。


私も、この様な内容の日記を書くのはとても心苦しいのですが、
如何せん、ゲームの出来が悪いから仕方がありません。
タグも折角用意したので、どんな内容であれ使わないのはなんかスッキリしませんしねw

それで、どうダメなのかというと、


○アリアスストーリー
現在、ブラッシュアップテスト(一般で言う、オープンβテスト)中です。

これは、cβ(クローズドベータ)の頃からやっていたのですが、
その時の不便な点や、改良追加して欲しい部分が、

全く進化・改善されていません。

え??それってどういうこと???
なんの為のテストですか、運営開発さん?w

始めっから、不具合調査だけで、進化させる気はさらさら無かったようです。
廃5との共同開発が聞いて呆れるwww

シールの時もそうだったが、ほんとに口だけ。
流石、「ビッグマウス」と呼ばれるだけのことはあるwww

自分が関与したゲームで、枡をかくのと、
その騙る話術でお子様を盲目にし、お金を貢がせるのだけがほんとに上手な澤さん。

そんなにゲームで枡をかきたかったら、自分一人でこっそりやってろ!!!

そんな訳で、論外です。


○フローレンシア
現在、cβ2nd中です。応募して、当選した人しか出来ません。

これは、なんと言っても、

何をすれば良いのか分らない

この一言に尽きるでしょう。

ええ、本来、MMORPGは犲分で楽しみを見つける瓩里醍醐味の一つと謂われますが、
これはそんな次元の話ではありません。

そもそも、詳しい操作方法が、

一切ゲーム内で説明される事はありません。

は?え??ログインした後、どうしろと???
勿論、HPで操作を説明したページはあるにはあります。

ですが、それでは不十分。
HPの説明だけを見て、全部理解しろって方が無茶です。不親切です。

ステータス説明に始まり、
売りの一つでもある、船の作り方等の、説明も一切無し。

意味が分りません。

そんな理由で、こちらも論外


まぁ、強いて上げるなら、
まだこちらの方が、ゲームとしての奥行はありそう…ってとこですか。
と言いましても、重杉で全然遊べて無いんですけどねw


要するに、全然ダメダメな訳です。

最近、テスト続きでにわかに活気付いてるMMO業界ですが、
まともな作品と呼べる作品が殆どありません。

現在、もう一つ有名所で、RO2なるものがテストをやっているみたいですが、
そこは、運営がそもそも呆れ返るほどの癌細胞なので、やる気0です。

あとは、そこそこキャラが可愛いので期待してるのがありまして、
『ルナティア 〜プラチナファンタジーオンライン〜』
というヤツです。

せめてこれが、まともに遊べるゲームでありますように・・・。

(23:16)
|
TVアニメ「ゆるゆり」応援中
ドリクラPV
亜麻音 「sweet×2☆summer」PV


みお 「StayWithMe!」PV


雪 「Hi!-Kin-goo」PV


玲香 「ステキなmagician」PV


魅杏 「Real」PV


るい 「イケないLipStick」PV


理保 「カンパイ☆LOVE」PV


ナオ 「愛しきHero!」PV
llowFullScreen="true" allowScriptAccess="always" />

魔璃 「月の露珠」PV


アイリ 「TimeTraveler」PV